FC2ブログ

シアワセ分けてあげたい

駆け抜ける日々の中 ふっと心揺らした 五色の虹 僕の胸焦がしていく
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ シェアハウス#9TOPシェアハウスの嵐! ≫ シェアハウス#9

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

シェアハウス#9



※フィクション超


ココマデ→シェアハウス#8






「『ただいまー』」

『おかえり。2人一緒だったんだ!』

リビングから返ってくるおかえりは、相葉くんのことが多い。

そういえば最初にこの家に来た時も、出迎えてくれたのは相葉くんだった。
あれからもう2ヶ月も経つんだ、と思った。



『みんな仕事っていってたからさ、外で食べてきた。』
「うん、ご馳走になっちゃった!えへへ」
『うわー翔ちゃんぬけがけ!!あははっ!』


2人の会話を背にして洗面所に行ってコンタクトを外すと朝外したメガネをかける。


「ふぁ~疲れたぁ~」
リビングに戻ると、ソファで相葉くんが雑誌を読んでいた。

『おつかれ、あれ、メガネだ、新鮮!』
ちらっと私の方を見て、そういった。

「え?家にいるとき結構してない?」
『そぉだっけぇ~?にあうね!』

息が多めで鼻にかかる声と、まっすぐな言葉は癒される。

「うそー!眼鏡姿嫌いなんだよねー・・・。」
そう言いながら『えーにあうと思うよ、俺は・・・』という言葉を背にキッチンへ向かった。


疲れた体には、アイス・・・・
「ぎゃっ!!」
『うぉ、何、今おじさんみたいな声したけど(笑)』
すかさず櫻井くんに言葉を拾われて小馬鹿にされる。


「なにこれ・・・?魚・・・?」
『あ~なんかリーダーが釣ったんだってぇ!』

『え?あの人仕事じゃなかったの?』
櫻井くんはそういいながら私の背後から冷凍庫を覗き込んで低い声で『わっ』といった。

相葉くんによると、急に休みになったから行ってきたんだとか。
本当に休みの日は釣りしてんだね、なんて言ったりしてリビングに笑い声が飛び交う。




『相葉くん風呂入った?』
『あぁ、さっき入ったよ。』

『・・・姫、お先に入りますか?』
「私後でいいよ~明日早くないし。」
『おい(笑)つっこめや(笑)』
ぼーっとアイスを舐めながらで適当に返事してしまったことで、
私の開き直りスイッチが入った。

「え?あぁ、何その呼び方ー。」
『ぼぉーよみ!(笑)』
「いひひっ」


『いや、俺もそんな早くないからいんだけど、ジャンケンにする?』
「んっ、ほんとに先にいいよ!あ、今日お店連れてってくれたお礼ってことで!」
『あぁ、そう?じゃあお先に失礼しまぁす。』


少し申し訳なさそうにペコッとしながら櫻井くんはお風呂に向かった。



『なにたべたの?』
少しの沈黙の後、相葉くんが口を開いた。
「んーと、パスタ!」
『パスタかぁ~いいね~』

これといって話すこともなくて、少し変な間が開いた。
いつもなら、相葉くんと二人きりで沈黙になっても、
雑誌を読んでいたり、携帯をいじっていたり、各々何かをしていれば、
全然気にならないんだけど、今日の空気は何かが違う。気がした。


『・・・突然だけどさ、なんかあった?』

わ、まさか、この展開ってさっきの櫻井くんのと・・・
しかも、嫌な予感あたっちゃってるし・・・

「へっ?いつ?なんのこと?」
『あったでしょ。図星だ。』
「まだ、あったって言ってないんだけど。」
『おれでもわかっちゃうんだよ、人間うそつくとほんとに目が泳ぐんだね。』


予想外の人に見破られて、恥ずかしくなって両手で顔を覆う。
だって、本当に図星だったから・・・。

『カナミちゃんいつも笑ってるじゃん。だから余計に心配だなって。』
「あ、あれは、んーー二宮くんの歌が良すぎて・・・・えへっ」

『ほんとぉ!?ほんとかなぁ?今ごまかしたっしょ。無理すんなよぉ~俺らがいるじゃん』



すごくまっすぐな優しさに、顔が自然とほぐれて、心も楽になった気分になった。

「そう言ってくれるだけで、ホッとするよ。ありがとう。」


みんな、気づいてないようでちゃんと気づいてる。
心配かけてごめんなさいって言うと、
謝ることじゃないって!心配なんてかけてナンボ!んはははっ!


笑い飛ばしてたけど、心に染み渡った。
心配をかけることは特別じゃないんだね。

私の居場所が広くなった気がして、嬉しくなった。



⇒⇒NEXT:シェアハウス#10

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。